コラーゲンもヒアルロン酸も肌に浸透しない!知っておきたい化粧品の真実|小顔矯正 新宿

 

この記事を書いている人 - WRITER -
初めまして(*´∀`*)ノ 小顔矯正師の松浦秀美です。 某大手エステティックサロン在籍中に、小顔矯正と出会い、エステとの圧倒的な効果の違いに感動し、17年間勤務した会社を退社後、現在の小顔たるみ矯正専門サロン プレジャーズを新宿に開業。 現在は、小顔矯正を提供する傍ら、❝自力でたるみを改善するセルフ矯正術❞のご指導もさせて頂いております(*˘︶˘*).。.:*♡

こんにちは。
新宿小顔矯正セルフ矯正専門サロン
プレジャーズの松浦です。

いつも読んでくださるみなさん、
ありがとうございます。
とても励みになり、嬉しいです。

このブログは小顔矯正セルフ矯正
サロンのことなどをはじめ、
アンチエイジング若返り健康
役立つ情報を発信しております。

よろしければ、ご興味がある記事
だけでも、お読み頂けると幸いです。

今回は、
コラーゲンヒアルロン酸浸透しない!
知っておきたい化粧品真実
というテーマでお話します。

動画で見たい!という方は、YouTubeでどうぞ!☆♫ ٩( ´ᆺ`)۶♫ ★
↓↓↓

これって、意外とみなさん
知りたい内容だったりしませんか?

普段、使っている、化粧品
実際、のどこまで浸透しているのか?

『コラーゲンとかヒアルロン酸配合って、
書いてあるけど、肌の奥まで浸透してるんですか?』
って、サロンのお客様にもよく聞かれます。

この記事を読んでいただくことで、
もちろん、この疑問もスッカっと!
解消できますし、

また、あなたの化粧品に対する考え方や、
今後の化粧品とのつきあい方を考える
きっかけになればいいかなと思い、
今回この話をしようと思いました。

では、化粧品浸透するかしないかを
話す前に、仕組みを知る必要があるので、
そちらからご説明します。

知っている人は復習がてらに、お付き合い
くださいませませ(•ө•)♡
 

肌の仕組み

で、はい!コレ、お決まりの図ですね~

皮膚構造断面図です ( ・ิϖ・ิ)っ
皮膚は、大きく分けて上から、
表皮真皮皮下組織3つの層からできてます。

一番外側にある表皮の厚さは、平均0.2mmほどです。
この表皮基底層細胞は毎日生まれ、どんどん
上に上に押し上げられ、最終的にはとして
剥がれ落ちていくわけです。

言い方を変えると…
表面覆っている角質細胞は、
死んだ細胞なんです! (゚△゚;・・・!!

細胞が生きてないので、当たり前ですが、
血液から栄養が送られることもありません。

因みに、死んだ細胞でできた角質層
厚さはたった、0.01~0.03mmです。

なのに、ほとんどの女性が一生懸命、この
死んだ細胞でできている、平均0.02mmの
角質層に、化粧水美容液を与えているんですよね。

この時点で、ちょっと違和感?矛盾?を
感じますよね。
まぁ、これはちょっと、横に置いて…(笑)

じゃぁ、ここからが本題の、
化粧品浸透するか?
の疑問に入っていきます!
 

化粧品の成分は肌に浸透するのか?

まず二つの視点からみる必要があります。
それは、1.分子量と、2.脂溶性水溶性
では、はじめに、一つ目の分子量からお話します。
 

分子量と浸透力の関係

全ての物質分子からできています。
化粧品も、私たちのも例外なく、
小さい小さい分子集合体です。

それで、分子にはそれぞれ
サイズがあるんです。

例えば、分子量を見ると…
表皮   ➠3000
真皮   ➠500
皮下組織 ➠100
(※単位はダルトン)

という具合に、によって
分子量は違うんですね。

じゃぁ化粧品は?というと、、、
化粧品によっても、化粧品配合
されている成分によっても、
それぞれ、分子量は違います。

つまり何が言いたいかといいますと…

今、使われている化粧品分子量が、
分子量よりも大きければ、
浸透してないということです!
w(● ̄0 ̄●)wワォッ!!

では、ちょっとここで、化粧品
有効成分といわれている分子量
見ていきましょう。

①ヒアルロン酸 ➠100万前後 
②コラーゲン  ➠30万前後 
③EGF・FGF  6000
④タンパク質
5000~4万

⑤コエンザイムQ10860
⑥フラーレン   ➠720
⑦アスタキサンチン600 
⑧ビタミンE   ➠430 
⑨茶カテキン   ➠290
⑩ビタミンA   
286 
⑪アルブチン   ➠270
⑫ポリフェノール ➠220
⑬ビタミンC   ➠180 
⑭ハイドロキノ
 110
(※単位はダルトン)

から分子量大きいものから、
順に並べました。

さて、みなさん、先ほど話した、
肌の分子量と照らし合わせてみましょう。

表皮の分子量が3000で、真皮層500ですから、
⑦アスタキサンチンまでの
成分は分子量大き過ぎて、真皮層
浸透しないということです!
щ(゚ロ゚щ)オーマイガーッ!

ヒアルロン酸コラーゲンEGF・FGF
若々しさキープするためには必須の成分に
関しては、真皮層どころか、表皮にすら、
浸透せず、もはや、肌をコーティングして
いるような状態ということです!

コラーゲンヒアルロン酸配合の化粧水
肌に塗って、つるつる~つやつや~張りが出た!
と感じるのは、肌の表面コーティングされた
だけ。肌には全く浸透してないのです。

ワックスをかけてコーティングすれば、
つやつやしてキレイに見えますよね?
その状態と同じってことです。

コラーゲン
ヒアルロン酸は、一番届いて
ほしい、真皮層には、到底、到達しない
ほどの、桁違いの大き分子量って事です。
…残念ながら。

でも、⑤コエンザイムQ10以降は、表皮には浸透しますし、
⑧ビタミンE以降は、真皮層にも浸透します。

分子量的には・・・

そう、この分子量だけを見るとそうなんですが…
ここで、もう一つ!化粧品浸透する条件
があるんです!

それが、先ほどお伝えした二つ目の内容の
脂溶性水溶性』です。
 

脂溶性・水溶性と浸透力の関係

水溶性コラーゲンとか、脂溶性ビタミン
という、言葉を聞いたことはありませんか?

この水溶性というのは溶けやすく
溶けにくいという性質のことですね。
脂溶性というのは、その逆で、
溶けやすく溶けにくい性質
ということになります。

肌の表皮角質層は、セラミド脂肪酸
という脂溶性物質からできているので、
水溶性のものよりも、脂溶性のもの
のほうが浸透しやすいんです。

じゃぁ、脂溶性の成分なら、肌の奥まで
浸透するのか?というと…
そんなに単純ではありません(;^_^A

角質層を通過すると、その下には顆粒層
有棘層基底層があります。それらは同じ
表皮にもかかわらず、水溶性のものの方が
吸収されやすいのです。

同じ表皮なのに、浸透できる成分が
違うんですよね。

そして、この表皮の下には真皮層
あるわけですが、真皮層もまた、
水溶性のものの方が吸収されやすいんです!

つまり、肌の奥(真皮層)まで有効成分を
浸透させるためには、水溶性脂溶性
両方の性質を持っていなければいけない
ということです。

1つの物質両方性質を、もって
いるということ=『両親媒性
でないと浸透しないということです!

これって、いわゆる界面活性剤とか
乳化剤になっちゃいますね。

有効成分で『両親媒性』の成分って…?
私が知る限り…
APPS(アプレシエ)ぐらいしか思いつかない。
因みにアプレシエは、ビタミンC誘導体です。

水溶性ビタミンC誘導体に、脂質パルミチン酸
を加えたもので、両親媒性の成分。
んで・す・が!

分子量が、560なんですよね。
って、ことは、表皮は通過できるが、
分子量500真皮までは届かない…。

でもまぁ、シミ作っているのは、
表皮の基底層なので、メラニン生成
抑制には効果が見込めるということ
ですよね。

でも・・・
真皮で
コラーゲンが生成される際に、
ビタミンCが必要ですが、その手助け
は、できない!ということになります。

ということで、まとめると!
 

化粧品を肌に浸透させる2つの条件

肌の奥(真皮層)まで、有効成分
浸透させるためには、、、

分子量500以下
にもにも溶ける両親媒性
であることが、必須ということになります!

そうなると、上に書いた有効成分や、
化粧品は『まで浸透しない
という結論に至ります。

それどころか、これらの有効成分
入った化粧品を作る時は、界面活性剤
防腐剤香料などが添加されます。

界面活性剤は言うまでもなく、両親媒性
ですし、防腐剤として定番の、パラベンは、
分子量180前後で、フェノキシエタノール
分子量140前後と、とても小さいですから、
表皮を簡単に通過します。

ほとんどの化粧品有効成分は、
表皮すらも通過できない状態
なのに、肌を刺激する合成界面活性剤
防腐剤表皮を、簡単に
通過してしまうという、この事実を
みなさんは、どう思いますか?

因みに、今、話した、合成界面活性剤パラベン
合成香料着色料合成ポリマーなどは、
全て、肌のために配合している成分ではなく、
完全に製造する会社都合で入っているものです。

もちろん全ての化粧品がそうではありません。
肌のことをちゃんと考えて、そういった石油系
不使用で、肌にとって無駄なものを極力排除して
つくられている化粧品もあります。

なので、化粧品を使うなら、こういう化粧品を使った方が、
良いということですね。

この合成界面活性剤以外に、肌の奥まで浸透する化粧品があります。
それは、ナノ化イオン化された化粧品です。
このような特殊な技術を用いて作られた化粧品でないと、
基本的に、化粧品肌の奥まで浸透することはあり得ない
ということです。

 

化粧品は使わない方がいいのか?

じゃぁ、化粧品は塗っても意味がないのか?とか
化粧品は使わない方がいいのか?
という話になりますよね?

ここが難しい所ではあるんですが…
人それぞれ化粧品に対する考え方とか
価値観って違いますし、

また化粧品CM広告ネットでも街中にも
至る所氾濫してますよね?
みんな、それらに洗脳されている部分もあります。

だから私は、洗脳を解くためにこういう話をしている訳ですが…

まず、化粧品を使っている目的自分問いかけるといいと思います。
化粧品を何品も、複数使っている人が多いと思います。
例えば、化粧水、美容液、乳液、クリーム、アイクリーム
週1でパックもする!という具合に数種類使っている人がほとんどですよね?

この化粧品を使う心理って、これ私の想像でしかないんですけど…
例えば、シミを消したいシワたるみをなくしたいというような
肌をきれいにしたい!っていう心理があると思うんです。

化粧品の目的とは?

でもですね、化粧品の目的というのは、
① 肌を清潔にし
②皮膚の働きを助けて
③健康に保つこと
であって、シミしわたるみを改善するものじゃないんです。
あなたの肌悩みを解消するものではないのです!

ここまで、散々、化粧品は肌の奥まで浸透するのか?って話を
してきましたが、肌には浸透しないということが分かりましたし、
逆に、『浸透させる必要もない‼』ということになりますよね?

理由は、化粧品は、肌トラブルや肌の悩みを改善するもの
じゃないからです。

これらを考慮すると、、、
化粧品は必要ない』というのが
私の見解であり、私の真実になります。

実際に私自身は、市販の化粧品は一切買いませんし使ってもいません。
天然のオイルをその日の肌に合わせて、使い分けてるだけなんですね。
この生活を6年程続けてますが、乾燥もしませんし、
なんの問題もありません。むしろ、化粧品を使っていた頃よりも
肌のコンディションはよくなったくらいです。

化粧品でどうにかするというよりも、自分に備わっている、
肌力・筋力・骨力』を上げて、アンチエイジング
するという方が私にはしっくりきます。

結局、化粧品を使う使わないとか、どんな化粧品を使うのかと
いうのは自分が判断するしかない訳ですから、

色々な情報に触れて、、、今いろいろありますよね~
YouTubeで、化粧品の話をしている専門家の方も
たくさんいらっしゃいますし、化粧品の書籍もでてますし、
ネット情報もあります。
で、それらの情報に触れて、それを鵜呑みにせず自分の真実
探求して確立していったらいいと思う。

ここで大事なのは、聞いた情報を鵜呑みにせず
参考にする!ということです。

人と違っていいんです。
顔も性格も肌質も生活環境もみんな違うんだから。
人の数だけ真実があっていいんです。

今回のこの私の情報が、お役に立てれば幸いですし、
今後の化粧品との付き合い方を考えるいいきっかけに
なればとても嬉しく思います。

 

化粧品は肌力を低下させる?!

本来、健康に保ってくれるはずの
化粧品が、合成界面活性剤などを添加
することで、逆に、肌に負担をかけて、
気が付かないうちに、老化促進して
いる場合もあります。

肌には、元々、正常な状態保つための
調整力が備わっていますが、こういう
化粧品を、使い続けることで、その力が
どんどん低下します。

そうなると、常に化粧品の保湿が
必要になるという、悪循環
引き起こします。

自分の『肌力』をつけなければ、
この悪循環から抜け出すことは
できませんよね。

だから、化粧品が不要!とか使わない方が
いいということではありません

自分の肌に足りないものを補うくらいのスタンス
使うのがいいということ。
化粧品に頼り過ぎないということです。

ということで、今回は
コラーゲンもヒアルロン酸も肌に浸透しない!
知っておきたい化粧品の真実』というテーマで
お話をさせて頂きました。

ご質問やご感想など、なんでもございましたら、
コメント欄に書きこんで頂けますと幸いです。

最後までお読み頂きありがとう
ございました。
この記事が、みなさまの生活に一つでも
お役に立てたら嬉しく思います。
感謝 (*˘︶˘*).。.:*♡
 

小顔矯正を体験したい
セルフ矯正を受けたい
色々を聞きたい!相談したい!
という方は、お気軽にご連絡下さいね。

メール
やお電話でのご相談や、
来店カウンセリング無料
行っておりますので、
ご安心くださいね(•ө•)♡

メール ➠こちらをclick!
✤電話  ➠こちらをclick!

✤プロの小顔矯正施術を受けてみたい! ➠こちらをclick!
✤セルフ矯正を受けてみたい! ➠こちらをclick!

それでは、また~♪

この記事を書いている人 - WRITER -
初めまして(*´∀`*)ノ 小顔矯正師の松浦秀美です。 某大手エステティックサロン在籍中に、小顔矯正と出会い、エステとの圧倒的な効果の違いに感動し、17年間勤務した会社を退社後、現在の小顔たるみ矯正専門サロン プレジャーズを新宿に開業。 現在は、小顔矯正を提供する傍ら、❝自力でたるみを改善するセルフ矯正術❞のご指導もさせて頂いております(*˘︶˘*).。.:*♡
 

  関連記事 - Related Posts -

関連記事はありませんでした

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 小顔たるみ矯正 プレジャーズ , 2021 All Rights Reserved.