2021/04/04

セルフ小顔矯正 新宿|シワとたるみの違いは?原因が違えばケア方法も違う‼

 

この記事を書いている人 - WRITER -
松浦秀美
初めまして(*´∀`*)ノ 小顔矯正師の松浦秀美です。 某大手エステティックサロン在籍中に、小顔矯正と出会い、エステとの圧倒的な効果の違いに感動し、17年間勤務した会社を退社後、現在の小顔たるみ矯正専門サロン プレジャーズを新宿に開業。 現在は、小顔矯正を提供する傍ら、❝自力でたるみを改善するセルフ矯正術❞のご指導もさせて頂いております(*˘︶˘*).。.:*♡

ご訪問ありがとうございます。
新宿小顔矯正セルフ矯正専門サロンプレジャーズの松浦です。
今回は、『シワは表面から、たるみは内側からつくられる!』というテーマでお話をさせて頂きます。過去にもよく似た記事を書いてます。 ➠『しわとたるみの違い』
過去の記事はかなりあっさりさっぱり!話しているので、今回はもうちょっと深堀りしてお話していこうと思いまーす(° ꈊ °)✧˖°オホッ!

みなさんは、シワとたるみの違いって分かりますか?まさか、同じだとは思ってませんよね?*゚Д゚)エエエエェェェl!!!
よく似ているんですが、ちょっと違います!画像で確認してみましょう!

赤の矢印が『シワ』で、青の矢印が『たるみ』です。
折り紙を折った時のようにクッキリがついていたり、上まぶたにあるような細かく縮れたように見えるが、シワです。そして、
皮膚に凹凸があり、垂れ下がって見えるのが、たるみです。画像のたるみは口元のほうれい線ですね。なので、ほうれい線シワではなくたるみということです。

なので、一言でいうと…
『線』で入っているのがシワで、『面』で入って、『垂れ下がる』のが、たるみということです。

見た目違いは、こんな感じです。分かりづらいといえば分かりづらいですよね~だって、シワたるみ複合的にできていることも多いので、見分けがつかないことも多々あると思います。

しかも、シワ・たるみにはいくつもの種類があり、原因がそれぞれ違います。原因違うのに、一辺倒なケアをしても予防改善は見込めませんよね?まずは、シワとたるみ種類原因を知って、それに合わせた効果的予防改善ケアをしていきましょう。

シワの種類

大きく分けて3種類

表皮型

❖ ちりめんじわ・小じわなど

【原因】
角層水分量減少することによってできる細かくて比較的浅いシワです。肌の水分量が減少すると、肌表面の角層から水分が抜けて、キメが乱れ、やがては細かいシワとなって現れてきます。皮膚が薄くよく動かす部分目元・口元・頬などにできやすく、若い人にも現れます。
また、ちりめんジワ(小じわ)は『乾燥ジワ』とも呼ばれますが、一番外側にある表皮にできます。

☑ 乾燥による肌のキメの乱れが原因
☑ 目尻口元などにできやすい
☑ 若い人にも現れる

【対策】
角質層の乾燥が原因でできる表皮ジワは、保湿有効だと思います。一般的に言われている保湿成分を補ってあげることはいいと思います。ヒアルロン酸・セラミド・コラーゲンなどがその成分に相当しますが、、、
化粧品の中には肌に負担をかける成分も含まれています(防腐剤アレルギー性物質など)。合わない化粧品を使うことで、肌荒れを起こして、余計乾燥してシワをつくっているという人も多いです。また、化粧品頼りすぎて、うるおい機能低下させてしまう…いわゆる、『肌の甘やかし』をしてしまうと、一生、化粧品に頼る人生になります。これでは、乾燥肌乾燥ジワに付きまとわれる人生になってしまいます。なので、私のおすすめは、自分の体内部から潤うように、『ある習慣』を日ごろの生活習慣の中に取り入れてほしいと思います。根本的乾燥肌乾燥ジワ(小じわ・ちりめんジワ)改善するにはこの方法しかないと、私は考えてます。
その方法とは・・・⁈ ➠コチラをclick!

 

真皮型

❖ 紫外線じわ・中じわ・大じわなど



【原因】

紫外線加齢の影響で真皮層にあるコラーゲン繊維・エラスチン繊維減少したり、変性したり、これらの繊維を作り出す線維芽細胞自体が衰えると現れるシワです。真皮層にまでシワが到達し、V字型に陥没してしまった深いシワで、先にもお話した通り、加齢紫外線によってできるシワなので、加齢ジワともいわれてます。シワ最終形態といっていいでしょう。表皮型の小じわ(ちりめんジワ)と違って、保湿をしても改善難しいです。真皮層生まれ変わり(ターンオーバー)は5~8年とかなり長く、一度しわたるみなどで真皮層ダメージを受けてしまうと修復がとても困難です。修復よりも劣化するスピード速いということもこの真皮ジワの特徴といえますね。

☑ 肌のハリ成分コラーゲンなど)の減少が原因
☑ 一度できてしまうと改善難しい
☑ 修復よりも劣化スピード速い

【対策】
線維芽細胞の衰え
が原因でできる真皮ジワ(加齢ジワ・大ジワ)は、線維芽細胞を新たに生み出すことが重要です!とはいっても、個人レベルでできるか?と聞かれると、難しいです。線維芽細胞活性化させる化粧品成分として、レチノール・ビタミンC誘導体・トレチノイン・FGF(線維芽細胞増殖因子)などが有効とされています。しかし、私的には、皮膚バリアゾーンがある限り、それらの有効成分真皮層まで届かないと思いますし、百歩譲って真皮に届いたとしても、自ら生み出したものではないので、定着もしませんから、改善もしません。化粧品にシワ改善期待するのはやめましょう。
私たちが真皮ジワにをつくらないためにやるべきことは・・・⁈『線維芽細胞を少しでも減らさない努力』です。
その方法とは・・・⁈ ➠コチラをclick!

 

表情筋型

❖ 表情ジワ(眉間ジワ・額ジワなど)

【原因】
顔には30種類以上の表情筋があり、この表情筋伸縮してさまざまな表情をつくってます。色々な表情をつくる分にはいいのですが、繰り返し何度も同じ表情をすることで、クッキリ折り目がついてしまうシワあります。要するに表情のクセによってできてしまうシワが、表情ジワです。この表情ジワ無表情の時にも消えずに残ってます。眉間の縦ジワ笑いジワといって目元口元にできやすいです。ほかにも、 横ジワあご梅干しジワなどもそれにあたります。

☑ 表情クセによるシワ定着が原因
☑ 眉間縦ジワ横ジワ目元笑いジワなど
☑ 放っておくと深い真皮ジワ進行することもある

【対策
表情のクセが原因でできるのが表情ジワですから、『同じ表情をしない!』『表情のクセを直す』というのが対策です。でも、表情の癖を直すといっても、そもそも癖になったものを意識して直すって、かなり難しいと思います。新しいことを始めて習慣化させることよりも難しいと思います。な・の・で!表情ジワ予防対策・改善にはコレを実践しましょう。
その方法とは・・・⁈ ➠コチラをclick!

 

たるみの種類

大きく分けて5種類

真皮だるみ

【原因】
真皮層コラーゲン繊維エラスチン繊維減少衰えにより、表皮支えきれなくなり、弾力が失われたるみます。先ほどシワの種類でもお話しさせて頂いた、真皮型のシワと同じですね。加齢紫外線などの影響によりコラーゲンエラスチン生産機能衰え劣化・減少してし、真皮層縮んでいきます。そうすると真皮の上の表皮を支えきれなくなり、肌表面の弾力は失われてたるみます。

☑ コラーゲン・エラスチン劣化・減少が原因
☑ 真皮層表皮支えられなくなってたるむ
☑ ほうれい線・フェイスラインたるみなど

【対策】
こちらも真皮型シワでお話したことと同じです。真皮層コラーゲンエラスチン減少・劣化したからといって、それらを化粧品補ったり修復することはできません。ということは、化粧品たるみシワ改善できないということですね。
ただ、抗酸化作用のある化粧品は、大気汚染紫外線などによる、活性酸素フリーラジカルダメージから肌を守り、影響を軽減することができます。なので、定期的に使うことで抗酸化クリーム美容液には『たるみやシワの改善効果』は見込めないけど、『ダメージから肌を守る効果』は期待できると思います。なので、化粧品を使う目的をしっかり把握して使用するのが大切ですね。使用するときはもちろん、メリット(肌を外敵から保護する)もあれば、デメリット(界面活性剤や防腐剤の影響)もあることを考慮して、使用するかしないかの判断が必要ですよね。
私たちが真皮だるみをつくらないためにやるべきことは・・・⁈コラーゲンやエラスチンをつくる『線維芽細胞を少しでも減らさない努力』をすること、そしてコラーゲンを少しでも増やす努力をすることですね。
その方法とは・・・⁈ ➠コチラをclick!

 

脂肪だるみ


【原因】
皮下脂肪
ネット状コラーゲン繊維に包まれながら、丸みのあるフォルム保たれています。しかし、加齢によって皮下脂肪が増えることで、脂肪の重さでネットがのびて、ゴムがのびたように弾力がなくなり、ネット皮下脂肪を支えきれなくなり、重力に負けてたるみます。また、このコラーゲン繊維ネットは、酸化光老化、物理的な圧力によって、傷ついたり伸びたりすることもあります。
そして、逆に加齢に伴って、皮下脂肪減少することもあります。この皮下脂肪減少や元あった場所から移動することによってたるみが起こります。例えば、こめかみ凹み頬コケは、皮下脂肪が元々あった場所から移動(下垂)し、皮下脂肪の減少したことで、肌が凹み影として現れます。皮下脂肪増えすぎても減りすぎても、たるむということです。

☑ 皮下脂肪増えることが原因
☑ 皮下脂肪減り、移動することが原因
☑ 脂肪を包むコラーゲン繊維ネット損傷伸びる

【対策】
皮下脂肪増えすぎても減りすぎても、たるむわけですから、バランスの良い食事と適度な運動習慣化することで、全身代謝を高めて、余分脂肪増やさないことと、痩せすぎないということがとても重要ですね。
また、皮下脂肪を包んでいるコラーゲン繊維ネット損傷したりたるませたりしないということが大切ですね。
その方法とは・・・⁈ ➠コチラをclick!

 

筋肉だるみ


【原因】
表情筋
衰え(表情筋やせたり、皮膚を支えている筋膜ゆるむこと)によって、皮膚(表皮・真皮)脂肪支えきれなくなってたるみます。皮膚脂肪層を支えている筋肉の衰えは、たるみを引き起こす最も大きな原因です。
表情筋の衰えは、加齢ということもありますが、筋肉は普段使っていないと衰えます。スマホやPCの普及により、人と会わなくても会話をしなくてもそれなりに生活ができてしまう現代は、無表情になりがち。無表情で、表情筋全く動かさないでいることにより、実年齢が若くても、顔のたるみ目立っている人や悩んでいる人は多いです。
そして、表情のクセにによって同じ表情をしていると、同じ筋肉ばかりを動かして、それ以外の筋肉使わないことで、使う筋肉はどんどん強化され、使わない筋肉はどんどん衰えていきたるみます。顔のバランスも悪くなり、たるみだけでなく歪みにも発展します。

☑ 表情筋衰えが原因
☑ 若い人でも無表情たるみやすい
☑ 表情クセにより筋肉バランス悪くなりたるむ

【対策】
表情筋の衰え
が原因でたるむわけですから、表情筋を使えばいいわけです。まず手っ取り早くできることといえば・・・よく噛んで食べるということですね~口輪筋(口周りの筋肉)が鍛えられて、あごのたるみの予防になります。ひとくち最低30回‼を目安にしましょう。また片方でばかり咀嚼する(噛む)のはNGです!左右の筋肉のバランスないしは顔のバランスが悪くなるので、左右バランスよく、しっかり意識して噛むように心がけましょう。ガム噛むのもおすすめです。
ここまでは筋肉だるみ予防対策方法をお話しましたが、筋肉たるみ改善するには⁈・・・表情筋トレーニング‼ですね~♪
その方法とは・・・⁈ ➠コチラをclick!

 

骨だるみ

【原因】
皮膚や筋肉同様、年齢とともに頭蓋骨衰えます。頭蓋骨が衰えるとは骨量減り萎縮するということ。そうすると頭蓋骨皮膚との間にすき間ができ肌がたるんだりくぼみができたりします。
例えば・・・眼窩(眼球が入ってるくぼみ)の周りは広がり額・こめかみ・頬・顎周り・上顎の骨は凹み頬こけ・こめかみ凹みが顕著に現れ瘦せこけます。また、凹凸のない平坦な顔になります。顔の顔の土台として筋肉・皮下脂肪・真皮・表皮支えているので、骨がこのように委縮するとそれらを十分に支えきれず、垂れ下がりたるみシワを引き起こします。

☑ 骨量が減り委縮することが原因
☑ 皮膚の間にすき間ができたるむ
☑ が小さくなり、筋肉・脂肪・皮膚支えられなくなる

【対策】
骨量減って骨が委縮(小さく縮むこと)することが原因なので、『骨量を減らさない!骨を老化させない!』につきますよね。つ・ま・り!強い骨をつくるということですね~♪原理はの骨と全く同じです。体も骨粗しょう症対策といえば、運動して適度な刺激を与えることと、バランスの良い食事で栄養をしっかり摂取することが強い骨をつくる方法とされています。顔の骨(頭蓋骨)同じなんですよね。
では、その具体的な方法は・・・⁈ ➠コチラをclick!

 

靭帯(リガメント)だるみ

【原因】
顔にも靭帯(リガメント)があり、皮膚筋肉頭蓋骨にしっかりとつなぎ止め固定しています。この靭帯(リガメント)衰えると、弾力を失って硬くなり、皮膚脂肪支えきれなくなり皮膚たるみます。このリガメントは顔全体にあるわけではなく、限られたところにしか存在しません。なので、このリガメント固定されている部分の皮膚は年をとってもあまり垂れ下がってきません。しかし、リガメントない部分の皮膚は土台となる組織との癒着が弱いため垂れ下がりやすいです。頬・フェイスライン・目の下に現れやすいです。

☑ 顔靭帯(リガメント)衰えが原因
☑ リガメント固定されているたるみにくい
☑ 頬・輪郭・目の下現れやすい

【対策】
顔靭帯(リガメント)が衰え弾力をなくし、硬くなって皮膚や脂肪を支えられなくなりたるむわけですから、硬くなったリガメントをしなやかにして肌を引き上げるパワーを取り戻すことが重要ですね。その方法として『リガメントほぐし』が有効です。リガメントを指で押したり押し上げたりするだけの簡単なプッシュマッサージですが、とても効果があります♪
では、その具体的な方法は・・・⁈ ➠コチラをclick!

  以上が、『シワとたるみの違い』になります。
同じシワ・たるみの分類でも原因はさまざまなので、対策方法改善方法も違います。
まずは、自分の悩みシワなのか?たるみなのか?そして、原因は何なのかを判断し、それに適した予防改善楽しく♪実践していただけるといいかと思います。

私たちは、生きている限り老化します。老化スピード個人差はあれど、誰もが例外なく老化します。なので、アンチエイジングは、生きている限りず――――っと、続けていくもので、イベント的単発思いつき行うものではないと私は考えてます。

だ・か・ら!

① ずっと続けられること
② 何かに依存しないこと
③ 肌や体の機能を上げること
④ 健康であること

以上が、私のアンチエイジング4か条になります。
みなさんにとっての、アンチエイジングどういうものでしょうか?ここが定まっていないと、多くの美容情報に振りまわされるばかりで、自分にとって適切必要ケアができないと思います。もし、まだ、あなた自身にとってのアンチエイジングが何なのか?が定まってないならば、これを機に考えてみるのもいいかもしれませんね。
  一度身につければ、一生使えるセルフ矯正を学んでみませんか?
 

自宅で自分で若返る!セルフ矯正

当サロンでは、小顔矯正施術はもちろんですが、自宅で自分で若返るセルフ矯正のご指導もさせて頂いております。サロンで行っている小顔矯正がそのまま自分でできるようになるうえ、サロンでの小顔矯正施術ではできない、表情筋トレーニングのレクチャーもさせて頂きます。顔のたるみ予防改善には、表情筋衰えさせず鍛えることは、とっても重要な要素になりますので、あなたのお顔の悩みに合わせて、一番効果的トレーニング方法を、できるようになるまでご指導させて頂きます。また、一人では続かないという方でも、LINEサポートにて、アドバイスやモチベーションアップなど精神面でもサポートさせていただいております。不安なことや分からないこと、ぶっちゃけ、セルフ矯正以外のことでもご相談にのらせていただいております(笑)いつでも、なんでもご相談してください♪

また、最近では、コロナウィルスの影響で、電車に乗りたくない、人と会いたくない、サロンにいけない、家を空けることができないという方も多くいらっしゃいます。そういった方のために、オンラインセルフ矯正レクチャーをさせて頂いております。

スマホもしくはパソコン、タブレットとネット環境があれば、自宅でもどこででもお受けいただくことができます。サロンに来店は不要ですので、日本全国どころか海外に住んでいらしても、お受けいただけます。遠方でサロンにいけないという方もあきらめずにぜひ、オンラインセルフ矯正で、一生もの技術をみにつけてください。

ご不明な点や疑問点などがございましたら、電話でもメールでもご質問くださいね~

メール ➠こちらをclick!
✤電話  ➠こちらをclick!

✤セルフ矯正をの詳細は ➠こちらをclick!
✤プロの小顔矯正施術を受けてみたい! ➠こちらをclick!

 

セルフ矯正で若返ったお客様

【東京都在住 50代 主婦】

骨格の歪みが整い、筋肉の凝りがなくなると、老廃物が解消しむくみがなくなりお顔全体にメリハリができ若々しいお顔になります。眉間ジワ、ほうれい線が薄くなり、目力がアップし、肌につや出ましたね~

【静岡県在住 30代 OL】

表情筋の歪みと凝りが解消したことで、お顔全体にボリュームがでました。目の下の凹みやほうれい線も薄く目立たなくなり、頬もふっくらされて若々しいお肌になられました。

 

セルフ矯正と小顔矯正の二刀流で若返ったお客様

【東京都在住 60代 パート】

骨格と筋肉の歪みがなくなってことで、向かって左に歪んでいたお顔がまっすぐになりました。二重あごもなくなり、一回りお顔が小さくなられ、若々しい印象になりましたね。

【東京都在住 30代 OL】

骨格の歪みと筋肉の凝りがなくなったことで、血流・リンパの流れがよくなり顔全体がふっくらされ、若々しい印象になりました。ほうれい線も薄く目立たなくなり肌にハリつや感がでましたね。

【東京都在住 アラサー OL】

骨格の歪み、筋肉の凝りとクセがなくなったことで、まっすぐ整ったお顔になられました。頬の位置が上がり、目が大きくなり肌にハリつやが出て、若々しく元気ない顔になられました。

セルフ矯正でみなさん、若々しくきれいになられています。

・最近、顔全体が下がってたるんできた
エステ美顔器でケアをしているけど効果が分からない
ほうれい線が目立ってきた
眉間のシワが深くなってきた
眉の盛り上がりが気になる
小さく目力なくなってきた
こんなことでお悩みの方はぜひ、ご相談くださいね。
 

小顔矯正を体験したい・セルフ矯正を受けたい・色々を聞きたい!相談したい!という方は、お気軽にご連絡下さいね。
メール
やお電話でのご相談や、来店カウンセリング無料で行っておりますので、ご安心くださいね(•ө•)♡

メール ➠こちらをclick!
✤電話  ➠こちらをclick!

✤プロの小顔矯正施術を受けてみたい! ➠こちらをclick!
✤セルフ矯正を受けてみたい! ➠こちらをclick!

この記事が、みなさまの生活に一つでもお役に立てたら嬉しく思います。最後までお読み頂きありがとうございました!
感謝 (*˘︶˘*).。.:*♡

この記事を書いている人 - WRITER -
松浦秀美
初めまして(*´∀`*)ノ 小顔矯正師の松浦秀美です。 某大手エステティックサロン在籍中に、小顔矯正と出会い、エステとの圧倒的な効果の違いに感動し、17年間勤務した会社を退社後、現在の小顔たるみ矯正専門サロン プレジャーズを新宿に開業。 現在は、小顔矯正を提供する傍ら、❝自力でたるみを改善するセルフ矯正術❞のご指導もさせて頂いております(*˘︶˘*).。.:*♡
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 小顔たるみ矯正 プレジャーズ , 2021 All Rights Reserved.