セルフ小顔矯正 新宿|摩擦は顔たるみの敵!マッサージはしない方がいいのか?~後編~

 

この記事を書いている人 - WRITER -
松浦秀美
初めまして(*´∀`*)ノ 小顔矯正師の松浦秀美です。 某大手エステティックサロン在籍中に、小顔矯正と出会い、エステとの圧倒的な効果の違いに感動し、17年間勤務した会社を退社後、現在の小顔たるみ矯正専門サロン プレジャーズを新宿に開業。 現在は、小顔矯正を提供する傍ら、❝自力でたるみを改善するセルフ矯正術❞のご指導もさせて頂いております(*˘︶˘*).。.:*♡

ご訪問ありがとうございます。
新宿の小顔矯正とセルフ矯正専門サロンプレジャーズの松浦です。

今回は、前回からの続きで『摩擦は顔たるみの敵!マッサージはしない方がいいのか?~後編~』の話をさせて頂きます。

前回は、摩擦することの危険性と、摩擦回避する方法をお話させていただきました。
まだ、読んでないよ~という方は、前回の記事からお読みいただけますと、より肌摩擦についての理解が深まりますので、ぜひ前回の記事からお読みくださいね~♪※『前回』の青文字をクリックして頂けますとその記事に飛びます!

では、本題に入ります。

① 摩擦とたるみの関係

肌を摩擦することで、直接的たるみになるということはありませんが、間接的にたるみに発展します。
肌摩擦によって、バリア機能低下するということが、問題になっているのですが…
まず、肌の水分蒸発しやすくなるので、乾燥ジワから肌たるみ進行しやすくなります。

又、紫外線影響大きく受けることになります。
健康な肌であっても紫外線A波ブルーライト近赤外線肌の奥(真皮層)まで光を通します。近赤外線に至っては筋肉まで到達します。
それが、バリア機能が低下しているは、より強く大きく影響を受け、真皮層コラーゲンエラスチン繊維変性したり、減少し、たるみを引き起こします。

そして、バリア機能低下することで、外的ウィルス細菌が侵入しやすくなり、炎症も起こしやすくなります。この肌の炎症は、コラーゲンエラスチン繊維破壊し、たるみやしわをつくります。慢性的炎症は、自覚がない人も多いので、知らないうちに、たるみどんどん進むということもあります。

こんな風に間接的摩擦たるませるので、前回の記事で話した、13個の摩擦行為には注意が必要ですね。

 

② 摩擦とマッサージの違い

これはね~難しいところなんですよね~ぇ…何が難しいって言い方が難しい…。
医者でも、『マッサージ圧力与えるもので、摩擦するのとは異なる。だからマッサージたるみ予防になる』からと言って、マッサージ推奨している先生もいらっしゃれば、、、逆に、『マッサージ摩擦することだから、しないほうがいい』と否定している先生もいらっしゃいます。

まぁ、前者のマッサージを推奨している先生の方が数は多い訳ですが、、、

私の見解は、マッサージは、摩擦ですよね。だって、多かれ少なかれ、手と顔の皮膚が触れているわけだから、歴とした摩擦です。
でも、肌を傷めつける摩擦と、マッサージ違いは、確実にありまして…

マッサージは、筋肉適度な圧をかけて筋肉のコリをほぐしたり、血流リンパの流れ促進したり、老廃物排出させて、むくみ解消たるみ予防ができるもの。また、肌への負担最小限にするためにオイルクリーム塗って行うという点が、傷めつけるだけ摩擦とは大きく異なります。

簡潔に言うと・・・
摩擦は、肌を傷めつけ老化促進させる肌への暴力‼
に対し、
正しい方法行うマッサージは、若返りへの武器‼』になるということです。全くもって、真逆のものということになります。

いい例えが思いつかなくて、おどろおどろしい例えになっちゃいましたが…でも、まぁ、こんな、イメージですよ。
だから、似て非なるものっていうのかな…一見似て似てはいるが、本質全く異なる2つということです。『マッサージ』と『摩擦』は。

じゃぁ、マッサージたるみ予防に、したほうがいいのか?しないほうがいいのか?という疑問が出てきますよね?

③マッサージはしないほうがいいのか?

私は、正しい方法で行うマッサージは、したほうがいいと考えます。
先ほども話したように、マッサージは、コリをほぐしたり、肌の新陳代謝をアップしたり、老廃物を排出して、たるみ予防若返り有効だからです。

これは実際に、当サロンでもたった1回小顔矯正施術でも、多くの会員様が、効果を実感されていることからも、有効だと、確信しております。
小顔矯正(90分施術)1回を受けられたお客様です。

これは、私だけでなく、多くの医師専門家の方も、若返り効果的マッサージ推奨されてます。でなければ、エステサロンは成り立たないですよね~♪※まぁ、一部で、マッサージを否定している方もいますが…(笑)

マッサージ若返り美肌にいいといっても…
強く擦ったり、皮膚を無理に伸ばしたり、時間の長いマッサージは、たるみ悪化させ、傷めつけるので、こういうマッサージはするべきではないですよね。

このようなマッサージは、大きなダメージを与えることになり、真皮層コラーゲン繊維エラスチン繊維破壊されることもあります。そうすると、しわをつくったり、たるみ悪化させることになります。

コラーゲンが破壊されると、新しく生まれるまで、2年から6年もかかるといわれてますし、最悪、新しく生まれない可能性もありますよね?

なので、マッサージやり方次第で、肌への暴力にもなり、若返りへの武器にもなるということです。みなさんは、ぜひ後者若返りへの武器にしてくださいね。

又、効果的なマッサージの方法は別の機会にお話させていただこうと思います。

当サロンで、レクチャーさせていただいているセルフ矯正には、表情筋矯正リンパマッサージが含まれておりますが、筋肉・骨・リンパにしっかりアプローチしながらも、には負担少ない方法をお伝えしておりますので、ご安心ください。

ということで、今回は『摩擦は顔たるみの敵!マッサージはしない方がいいのか?~後編~』をお話させて頂きました。

 

小顔矯正を体験したい・セルフ矯正を受けたい・色々を聞きたい!相談したい!という方は、お気軽にご連絡下さいね。
メール
やお電話でのご相談や、来店カウンセリング無料で行っておりますので、ご安心くださいね(•ө•)♡

メール ➠こちらをclick!
✤電話  ➠こちらをclick!

✤プロの小顔矯正施術を受けてみたい! ➠こちらをclick!
✤セルフ矯正を受けてみたい! ➠こちらをclick!

この記事が、みなさまの生活に一つでもお役に立てたら嬉しく思います。最後までお読み頂きありがとうございました!
感謝 (*˘︶˘*).。.:*♡

この記事を書いている人 - WRITER -
松浦秀美
初めまして(*´∀`*)ノ 小顔矯正師の松浦秀美です。 某大手エステティックサロン在籍中に、小顔矯正と出会い、エステとの圧倒的な効果の違いに感動し、17年間勤務した会社を退社後、現在の小顔たるみ矯正専門サロン プレジャーズを新宿に開業。 現在は、小顔矯正を提供する傍ら、❝自力でたるみを改善するセルフ矯正術❞のご指導もさせて頂いております(*˘︶˘*).。.:*♡
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 小顔たるみ矯正 プレジャーズ , 2021 All Rights Reserved.