小顔矯正 新宿|顔のたるみや老化は舌で決まる⁈

 

この記事を書いている人 - WRITER -
松浦秀美
初めまして(*´∀`*)ノ 小顔矯正師の松浦秀美です。 某大手エステティックサロン在籍中に、小顔矯正と出会い、エステとの圧倒的な効果の違いに感動し、17年間勤務した会社を退社後、現在の小顔たるみ矯正専門サロン プレジャーズを新宿に開業。 現在は、小顔矯正を提供する傍ら、❝自力でたるみを改善するセルフ矯正術❞のご指導もさせて頂いております(*˘︶˘*).。.:*♡

ご訪問ありがとうございます。
新宿の小顔たるみ矯正専門サロンプレジャーズの松浦です。

何もしていない時(飲食や話をしていない時)の舌の位置って、とても重要です!
顔の形・印象・老化・姿勢・健康などなどにかかわるといわれていますが、『舌の正しい位置』というのがあります!

次の①~③の中でどれが正しい位置だと思いますか?また、あなたのは、今、どの位置にありますか?
① 下顎にくっついている
② 上顎にピッタリくっついている
③ 舌先だけ上顎、あとは宙ぶらりん




正しい位置は・・・上顎にピッタリくっついているです!

舌先は『スポットポジション』とよばれる、上の歯やや後ろの少しへこんだ場所に、そして舌の本体重力に逆らって上顎ピッタリ・すっぽりとおさまっている状態が、正しい位置です。

スポットポジションの分かりやすい図はコチラ
↓↓↓

あなたは、どの位置でしたか?

②の正しい位置にあったならば、素晴らしいです!多分、口元フェイスラインもスッキリ引き締まり若々しく健康な毎日を過ごされているのではないでしょうか?

逆に、①、③だったならば、常にがポカ~ぁんと開いていたり、二重あごや顔の輪郭ぼやけ口元のたるみ風邪をひきやすいアレルギー体質ということはありませんか?

先ほどもお伝えしたように、舌の位置で、見た目健康状態まで左右し、人生をも変えられる⁈と、いっても過言ではない『舌の位置』‼

今回は、顔のたるみ・老化と舌の関係についてお話ししまーす。

顔のたるみ
老化も全然、気にしてませ~ん♪という10代・20代・30代若い世代の人にもかかわることなので、ぜひ最後までお付き合いいただけますと嬉しいです。

多分、『』について考えることなんて、あまりないですよね~ (๑´ڡ`๑)

口の中で見えないし、小さいし、見た目や老化には、何の影響もないでしょう~と思われがちですが、それが、、、大アリなんですよ ( ✧Д✧) !!

は、ほぼ筋肉でできているので、伸ばしたり、縮めたり、丸めたり…と、自由に動かすことができますね。

根本は結構、分厚く、見えていない部分もあって、総重量はなんと、200g‼ (゚0゚;ノ)ノ ヒョエッ!!
結構大きくて、重いんです!ぜんぜん小さくないです。

根本のどにある舌骨ぜっこつというにくっついていますが、舌先にくっついてないのと、この重さが相まって、、、垂れ下がりやすいのです。

なので、意識して、正しい位置キープしておかないと、重力に負けて、垂れ下がり半開きになって、口呼吸を強いられます。

そうなると、鼻呼吸ができないため、のどや気管調整されない外気にさらされ、粘膜傷めたり、ウイルスなどが侵入しやすくなります。さらに、粘膜上で炎症慢性化して免疫機能の低下アレルギーなどが起きやすくなります。

また、太りやすい喘息口臭の悪化ドライマウス酸素濃度が薄くなるなどの影響があります。

そして、なんといっても口呼吸は、常に口がぽかぁ~んと開いている状態なので、口元表情筋を使ってないので筋力衰えてきます。その結果、ほうれい線マリオネットラインブルドッグラインなどのたるみが目立つようになります。これは、20代、30代の若い世代でも起こっています。ということを踏まえると、口呼吸には全くいいことがありません!

こちら↓↓↓
でも書いてまーす♪


舌の位置
の影響は、口呼吸だけにとどまりません。

舌の位置
が決まってないと、猫背姿勢が悪くなります。
逆に正しい位置キープできると、前にうつむくのを防ぐことができるため、顔全体上向きになり、気道が確保され、位置が安定し、正しい姿勢を保てるようになります。への負担が減ってコリの解消集中力アップも期待できるんです!

正しい位置キープするだけで、姿勢までよくなり集中力までアップしてしまうって、いいですよね~だって、たとえ顔が美人でも姿勢悪い魅力的には見えませんし、なんといっても、姿勢の悪さは老け感が半端ない‼です( ̄▽ ̄;)!!

若々しく魅力的
になるには、美形かどうかよりも『姿勢』の方が重要だと思いまーす。

や、舌の位置は、『』にも大きな影響をあたえてます。は、お隣さーん♪ですから、一番影響があるといわれても不思議ではないですよね~

正しい位置
キープできてなかったり、舌癖ぜつへきがあると、歯並び乱れます。

そもそも、歯並び前歯押す力と、口周り筋肉(口輪筋・頬筋)圧力バランスによって決まります。なので、これは口呼吸にもつながているのですが、位置正しくない口呼吸になり、常に口が半開き状態で、口まわり筋力を使わないので衰え前歯押す力強くなり結果、出っ歯・受け口になりやすかったり、歯並び・咬み合わせ悪くなりますΣ( ̄ロ ̄lll)

歯並び
が悪いと虫歯歯周病食べ物噛みづらく胃腸などの消化系負担がかかったり、笑顔自信が持てず人前で笑えない、コミュニケーションがうまく取れないといったことにもつながります。。。

子供も大人も、歯列矯正をされる人が多くいらっしゃいますが、その前に、正しい位置キープできるようになり、舌癖を改善しない限り、一瞬キレイ歯並びになっても、また、歯並びが悪くなるということです。。。(_ _。)・・


歯列矯正の前に、舌のクセを正すためのトレーニング=口腔筋機能療法(MFT)指導している歯医者さんもあります。歯医者さんトレーニング方法を教わり、それを毎日自宅で練習するという方法です。

やはり、『筋肉鍛える!』というのは、健康的に若々しさをキープするには必要なことなんです!

舌を正しい位置でキープ
するというのは、重力逆らって舌を上顎につけるという筋トレをしているようなものなので、歯並び改善予防するには有効な手段なんです!
なので、今、歯列矯正をしている人も、これからする予定の人も、しない人も、まずは『正しい舌の位置にキープ』を意識しましょう!

位置歯並びを悪くするということは・・・『』にももちろん多大な影響があります。

正しくない位置
にある圧迫され続け、噛むバランスが崩れ、から全身骨格バランスにも影響し、体のゆがみ顔のゆがみを招くことがあります( ´゚Д゚`)ンマッ!!
体のゆがみ肩首凝りをはじめ、全身コリ腰痛などの不定愁訴を招きます。

顔のゆがみ
みた目のゆがみ…例えば鼻・口・アゴゆがみ左右どちらかに頬骨高くなるなど左右非対称になります。
ゆがみのある大きく見えますし、実際、血流リンパの流れも悪くなり、むくみたるみも引き起こし、大きくなっていきます。当然、むくみたるみ老化加速させ、老け顔促進しますね。

いかがでしょう?
位置で、ここまで健康し、老化加速させてしまうって、考えてもなかったですよね?

日々の習慣の中で、1回1回の力はわずかでも、それが毎日積み重ねとなると相当な負担になり、硬い歯骨(骨格)までも歪ませてしまうんです。

でも、大丈夫です。正しい位置に戻せます!

毎日の正しくない舌位置舌癖積み重ねが原因なら、正しい積み重ね毎日こつこつすれば、予防改善ができるということです。

筋肉なので、ちゃんと筋力をつけ、正しい動き習慣化させれば、健康若々しい体とおはつくることができまーす ٩(๑´3`๑)۶♥

このブログでは何度も書いてますが、衰えた筋肉何歳になっても鍛えることができるからデス!とは言っても、かなり衰えコリゆがみ溜め込ん筋肉時間労力それ相応にかかってくるので、極力早いタイミングで始めたほうがいいですよね。

何を始めるか?
もちろん、『筋トレ』です! マッチョ₍₍ ᕕ(´ ω` )ᕗ⁾⁾マッチョ

舌の正しい位置
に、もっていくには2つのことをしなければいけません。

1. 舌を持ち上げる力をつけること
2. 舌が上顎につけやすい環境をつくること
めっちゃ、シンプル~ (๑ˇεˇ๑)•*¨*•.¸¸♪

ではでは、具体的にどんなトレーニングをするのかご紹介しまーす。

持ち上げる筋力をつける✤

1.
 舌全体上顎吸い付ける
2. 大きく開け舌の裏ヒモ舌小帯)を伸ばす 3秒
3. 上顎に張り付いた勢いよく下におろして『ポンッ』と音を鳴らす
※ 1~3を10回繰り返す

☝ ポイント

☝ 1.2番ですが、
舌先スポットにあること
全面上顎裏面全体ベタッ吸い付いていること
両サイド奥歯覆わず、歯列の内側に収まること
片方下がったりせず左右対象上顎吸い付けること
開けるときは、下顎に出したりズレさせたりせず、まっすぐ開ける

☝ 3番ですが、舌全体しっかり吸い付いていない大きくキレイな音が鳴りません。
しっかりポンッ鳴るよう練習します。音が軽かったり、小さかったり、鳴らない場合は、表面全体がしっかりと張り付いていない証拠です

 速すぎる筋肉鍛えられないので、慌てずゆっくりおこなう
がしっかりと鳴らない人は、まず、どんな音でもいいから音を出すことから始める
表面しっかり張り付いているほどいい音が鳴るので、徐々に舌全体上顎吸い付くように意識して、少しづつ舌の裏にあるスジ舌小帯)を伸ばすようにする!


✤舌トレ
フェイスラインのたるみ改善トレーニング♪
コチラ↓↓↓

だけを鍛えてもバランスがよくないので、口まわりの筋力も鍛える必要があります。
コチラ↓↓↓

以上がトレーニング方法です。

次は、2つ目の『舌が上顎につけやすい環境をつくる』ということですね~♪

これは、単純に口が開いた状態ではその位置長時間キープするのはとても困難なので、話をする・飲食をする以外は、しっかり閉じた状態にすることが、上顎上げやすい環境づくりの第一歩になります。

なので、口呼吸の人は、鼻呼吸にし、普段から口を閉じることを意識しましょう。

何事も始めは、慣れなくて、できなくて、違和感があって、イヤなものですが、やらなければ何も変わりませんので、まずは毎日少しずつでもいいので始めてみて下さいね~

いかがでしたでしょうか?

今回は顔のたるみ・老化と舌の関係についてお話しさせて頂きました。

肌老化
たるみに『』は意外と大きく関わってくる器官なのにも関わらず、正しいケアを知らない人が多いと思います。ぜひ、今日から、鼻呼吸を基本に、正しい位置で舌をキープして、健康で若々しいお顔づくりを始めましょう!

舌トレ
だけでなく、顔の凝りや、ゆがみも改善して、全体的に若返りたい小顔になりたい!という方は・・・
その方に必要マッサージ骨格矯正トレーニング方法マンツーマンレクチャーするセルフ矯正プログラムを当サロンではご用意しております。

自宅
自分の好きなに、気になるところを、自分ケアできるプログラムです (° ꈊ °)✧˖°オホッ!
サロンでプロ小顔矯正を受けながら、自宅でケアをするプランもあります♪
プロの技術とセルフケアの両方なので効果確実

 

メールやお電話でのご相談や、来店カウンセリング無料で行っておりますので、いつでもお気軽にご連絡くださいね!

メール ➠こちらをclick!
✤電話  ➠こちらをclick!

✤プロの小顔矯正施術を受けてみたい! ➠こちらをclick!

✤小顔たるみ矯正プログラムを受けてみたい! ➠こちらをclick!

この記事が、みなさまの生活に一つでもお役に立てたら嬉しく思います。最後までお読み頂きありがとうございました!感謝 (*˘︶˘*).。.:*♡

 

この記事を書いている人 - WRITER -
松浦秀美
初めまして(*´∀`*)ノ 小顔矯正師の松浦秀美です。 某大手エステティックサロン在籍中に、小顔矯正と出会い、エステとの圧倒的な効果の違いに感動し、17年間勤務した会社を退社後、現在の小顔たるみ矯正専門サロン プレジャーズを新宿に開業。 現在は、小顔矯正を提供する傍ら、❝自力でたるみを改善するセルフ矯正術❞のご指導もさせて頂いております(*˘︶˘*).。.:*♡
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 小顔たるみ矯正 プレジャーズ , 2020 All Rights Reserved.