小顔たるみ矯正 新宿|冷え顔は老け顔たるみ肌をつくる!原因と改善方法

 

この記事を書いている人 - WRITER -
松浦秀美
初めまして(*´∀`*)ノ 小顔矯正師の松浦秀美です。 某大手エステティックサロン在籍中に、小顔矯正と出会い、エステとの圧倒的な効果の違いに感動し、17年間勤務した会社を退社後、現在の小顔たるみ矯正専門サロン プレジャーズを新宿に開業。 現在は、小顔矯正を提供する傍ら、❝自力でたるみを改善するセルフ矯正術❞のご指導もさせて頂いております(*˘︶˘*).。.:*♡


 
ご訪問ありがとうございます。
 
新宿の小顔たるみ矯正専門サロンプレジャーズの松浦です。
 
冷え性には厳しい日が続いてますね…(´_`。)
 
末端冷え性の私には毎日が地獄です…と、それは言い過ぎですが(笑)
 
でも、特に、この1、2月は、冷え性と格闘されている方は多いのではないでしょうか?
 
みなさんは、大丈夫ですか?
 
この冷え性、実は、手足だけでなく、にもあるって知ってますか?
 

❝冷え顔❞って知ってますか?

 
顔が冷えることを❝顔冷え❞とか❝冷え顔❞と言いますが、放っておくと…
 
しみしわたるみクマむくみくすみなどの老け顔原因になるんですよ~o(;△;)o
 
自分が❝冷え顔❞かどうか知りたい場合は、手が温かい状態のときに顔を触ってみてください。
 

 
その時に、冷たいと感じるのであれば、❝冷え顔❞かもしれません(o ̄∇ ̄)o!!
 
じゃぁ、たるみや老け顔の原因になる❝冷え顔❞の原因って何だと思いますか?
  

❝冷え顔❞の原因

 
それは・・・『血流の滞り』です!
 
そのまんまですね~(笑)
 
血流が悪くなることって、普段の生活の中で、ついついやってしまってることが結構あるんですよ。
 
例えば、飲み物は氷を入れて飲むとか、生野菜や果物を食べるとか、運動不足、喫煙、ストレスを溜め込むなど、こういう生活習慣は、自律神経が乱れ、身体の冷えに繋がって、最終的には❝冷え顔❞になるんです/(´ω`;)\
 
でも、血流の滞りは生活習慣だけではなく、ほかにもあるんです!
 
それは、加齢による毛細血管の劣化と減少。
 
毛細血管って減るのーーーぉщ(゚ロ゚щ)‼って、驚いた方もいらっしゃると思いますが、、、私も初めて聞いたときは驚きました!
 
皮膚の毛細血管の研究では、毛細血管は年齢と共に減っていくということが分かったそうです。60~70代の人は20代に比べて、毛細血管が4割も減少するそうです。
 
酸素と栄養を体のすみずみまで送り届けてくれる毛細血管が減るということは、どういうことになるかみなさんわかりますか?
 
体の一番外側で末端にある皮膚に酸素や栄養が届かなくなるということです。
 
そうなると、肌の新陳代謝が鈍くなり、肌表面に古い角質がたまりごわつきます。当然、真皮層のコラーゲンにも栄養が届かないので肌の弾力もなくなりたるみやしわ、シミなどの老化が進すみますΣ(´・Д・`*))))
 
あと、耳たぶもシワになります!これは耳たぶに毛細血管が集中しているからなんです。
 
当サロンのお客様にも、耳たぶにしわができている方がいらっしゃいますが、顔や耳のマッサージをするとしわがなくなります(笑)
 
また、頭皮も同じ皮膚なので、毛細血管が減少して血流が悪くなれば、毛母細胞に栄養が届かないのでのパサつき、抜け毛薄毛白髪などの頭皮老化にもつながります━━(*´д`*)━━!!
 
そして、これは最近末端冷え性の私自身も気になっていることなんですが…の表面が凸凹してきたり、が悪くなってきたり、割れやすくなってきますΣ(゚◇゚;)
 
もーーっ!なんか見た目の老け具合が、ぐ~ぅんと、進んじゃいますε=(>ε<)
 
毛細血管の劣化や減少は止められないのーーっ(´Д`;;´Д`)?
 
実は、毛細血管は年齢と共に減少しますが、日常生活のちょっとした工夫で、何歳からでも自分で増やすこともできるんです!
 

血流アップが毛細血管復活のカギ

 
毛細血管は年齢と共に細胞同士の接着が弱くなって、劣化していきます。
 
でも、日ごろから十分な血流があると、細胞がお互いにくっつき合って健康な毛細血管をつくるんです\\(۶•̀ᴗ•́)۶//
 
な・の・で~♪
 
① 毛細血管に血流が行くようにすること
② 血流自体をアップすること
 
この2点を生活の中でできれば、毛細血管を自分で増やすことができます(๑˃̵ᴗ˂̵)و
 
では、具体的に何をするのがいいのでしょうか~?
 

毛細血管を増やし、冷え顔を予防改善する方法

 
1.運動

特に、第二の心臓といわれるている、ふくらはぎを鍛え、ポンプ機能を高めて、脚の下の方から血液を戻す力を強化する!
 
✤ウォーキング
一駅手前の駅で降りて歩くなど、積極的に生活の中に取り入れるよう工夫する。
 
✤その場スキップ♪
両手両足をしっかりと上げて、その場でスキップをする。
 
✤スタンディングカーフレイズ

↑↑↑つま先立ちでかかとを上げ下げする。
電車や信号の待ち時間、歯磨きや料理中などにも取り入れてみよう~♪
 
 
2.お風呂

冷えに効果的なお風呂の入り方です。シャワーではなく湯船に必ずつかること!
 
✤夏➠38℃前後で20分 冬➠40℃前後で20分
 
✤末端冷え性の方は湯船の中で、手足指先をグー・パー・グー・パーと動かすと血液循環がよくなります
 
✤お風呂の前後には500mlほどの水分補給(無糖で温かいもの)
 
✤就寝の1時間前までには出るようにしましょう
 
✤湯船につかりながら、末端の足指・甲のマッサージ
 
 
3.睡眠

質のいい睡眠をとることが毛細血管を作ることにとても大切です!
 
✤寝室は真っ暗にして寝る
 
✤夜中に目が覚めても明かりをつけたりスマホを見ない
 
✤朝日を浴びて睡眠ホルモンを増やす
 

質のいい睡眠方法はこちら↓↓↓の記事も参考に♪
◉肌のゴールデンタイムを利用して、睡眠若返り法を伝授!

 
 
4.抗酸化食材

強い毛細血管を増やすためには、活性酸素を除去することが大切です!そのためには抗酸化食材を摂るのがおすすめです。
 

✤代表的な抗酸化物質とそれを多く含む食品
 
ビタミンC…パプリカ・ブロッコリー・キーウイ
ビタミンE …アーモンド・せん茶・唐辛子
ポリフェノール…緑茶・大豆・玉ねぎ
カロテノイド…緑黄色野菜(トマト・ほうれん草)

 
シナモンヒハツというこしょうは、毛細血管の細胞や壁細胞の接着を強化する働きがあるので、積極的にとりたいですね~
 
 
5.ストレス対策

ストレスが続くと、交感神経が優位な状態が続き、血流が悪化します。ハッピーホルモンのセロトニンを出してストレス知らず♪になろう!
 
✤よく笑って、よくしゃべる
笑ったり楽しーい♪と思うたびにセロトニン神経が活性化し、セロトニンの量が増えますよ。
 
✤思い切り泣く
涙は心のデトックスといわれるほど、ストレスを軽減してくれる効果があるので、泣ける映画やドラマなどを鑑賞するのもおススメです。
 
✤ときめきを増やす
こころがキュンキュン♡することをする~恋愛や映画ドラマなどなど、自分にとってときめきを感じるものに触れ合う時間を増やしてみましょう(^^♪
 

ストレス対策はこちら↓↓↓の記事も参考に♪
◉ストレスたるみの改善予防方法

 
 
6.表情筋トレーニング

顔の血流を良くし血流をアップするには、表情筋トレーニングもとても有効です!しかも血流アップだけでなく、衰えた筋肉が鍛えられ顔のたるみやむくみ、くすみなどの老け顔の改善になりま~す♪
 

正しい方法で毎日こつこつ実践してみてくださいね~(•ө•)♡
 
 
以上が、松浦おすすめの毛細血管を増やして冷え顔を予防改善する方法です。
 
年齢とともに毛細血管が減少していくというのは事実ですが、生活習慣のちょとした工夫と見直しで、毛細血管を強くしたり増やしたりすることができるのも事実です!
 
ふだん、面倒だな~と思ってやらなかったことをこれからは少しずつ始めませんか?
 
運動も、毎朝早起きして走るとか、スポーツクラブに通うというのはハードルが高いですが、歯磨きしながらつま先立ちをするとか、一駅前で降りて歩くだったら、すぐ取り入れやすいですよね~♪
 
何もしなければ現状は変わりません!変わらないならまだいいですが、顔や体は衰え、たるんでいきます(゚△゚;・・・!!
 
気づいた時がスタート地点です。
 
今日から、毛細血管ケア始めましょう~
 
それが、顔のたるみ改善につながります。
 
 
最後までお読みいただきありがとうございました。感謝。
小顔矯正サロン プレジャーズ 松浦
 
 

ご予約・ご質問を電話でされたい方は03-5285-8819

 
ご質問をメールでされたい方はコチラ!

 
お得なキャンペーンはコチラ!

 
小顔矯正Before&Afterコチラ!

 
お客様の声コチラ!

 
料金案内はコチラ!

 
プレジャーズHPはコチラ!
この記事を書いている人 - WRITER -
松浦秀美
初めまして(*´∀`*)ノ 小顔矯正師の松浦秀美です。 某大手エステティックサロン在籍中に、小顔矯正と出会い、エステとの圧倒的な効果の違いに感動し、17年間勤務した会社を退社後、現在の小顔たるみ矯正専門サロン プレジャーズを新宿に開業。 現在は、小顔矯正を提供する傍ら、❝自力でたるみを改善するセルフ矯正術❞のご指導もさせて頂いております(*˘︶˘*).。.:*♡
 

Copyright© 小顔たるみ矯正 プレジャーズ , 2018 All Rights Reserved.