小顔たるみ矯正 新宿|顔たるみを予防改善する5つの糖化対策

 

この記事を書いている人 - WRITER -
松浦秀美
初めまして(*´∀`*)ノ 小顔矯正師の松浦秀美です。 某大手エステティックサロン在籍中に、小顔矯正と出会い、エステとの圧倒的な効果の違いに感動し、17年間勤務した会社を退社後、現在の小顔たるみ矯正専門サロン プレジャーズを新宿に開業。 現在は、小顔矯正を提供する傍ら、❝自力でたるみを改善するセルフ矯正術❞のご指導もさせて頂いております(*˘︶˘*).。.:*♡

ご訪問ありがとうございます。
 
新宿の小顔たるみ矯正専門サロンプレジャーズの松浦です。
 
早いもので今年もクリスマスが終わりましたね・・・
 

 
みなさんはクリスマスケーキは食べましたか?
 
私は、もちろん!
 
食べてません・・・
 
糖質制限をしているからでーす。
 
糖質制限をしている理由は、たるみ老化病気予防のためです。
 
あと、ケーキ(生クリームやカスタードなどのクリーム)が体質的に、あまり合わないようです(;^_^A
 
なので、糖質制限をするにあたっては都合がいいようです。
 
今じゃ、健康だけでなく、ダイエットやたるみ老化などのアンチエイジング業界で、糖質制限糖化対策というのは当たり前になりつつありますが、みなさんは糖化が体や肌に悪いことは、知ってますよね~?
 
知らない方は、こちらからご覧くださーい!
➠ ✤糖質制限はアンチエイジングに効果あり?
 
糖化が健康にもたるみ老化にも悪いことが分かったところで、、、
 
顔をたるませないための糖化対策の方法を、今回はお話ししまーす♪
 
 

顔をたるませない糖化対策① 野菜を先に食べる

 
よく食事の際は、野菜から食べるように!って言われますよね~❝ベジタブルファースト❞と言いますが、どうして野菜を先に食べるといいのかというと、ポイントは食物繊維です。
 
野菜には、糖質の吸収を緩やかにする働きがある食物繊維が含まれていまるので、先に野菜を食べておくと血糖値の上昇を緩やかにしてくれるんです。
 
食物繊維は野菜だけでなく、豆類海藻キノコ類ナッツ類果物にも含まれているので、これらの食材を使った生野菜サラダにとってから
 
たんぱく質(魚・肉)➠炭水化物(ごはん・パン・麺類)という順番で食べると、血糖値の急上昇が抑えられます。
 
同じ野菜サラダでもポテトサラダかぼちゃサラダは、加熱され糖質量も増えているので、消化がよく吸収スピードが早くなって、血糖値の上昇も早くなるので、他の食材の生・野・菜・をとることをおすすめします。
 
 

顔をたるませない糖化対策② GI値の低い食品を選ぶ

 
GI値とはグリセミック・インデックスの略で、血糖値の上昇する割合を数値化したものです。
 
GI値の数字が低い食品ほど血糖値が上がりにくく、GI値が高い食品ほど血糖値が上がりやすいことを意味します。
 
つまり・・・糖化予防のためには、低GI値の食品を選べばいいということですね!
 

出典:ケガの予防と治し方
 
一般的にGI値が、
70以上高GI値食品
55~70中GI値食品
55以下低GI値食品
と言われています。
 
同じイモ類でも、ジャガイモは高GI値即品ですが、さつまいもは中GI値食品です。
 
また、フランスパンは高GI値食品ですが、ライ麦パンは低GI値食品と、同じパンでも原材料が違うとGI値も変わります。
 
糖化だけを考えた場合は低GI値食品を選んだ方がいいのですが、ただ栄養学的にはバランスが悪くなるので、食べる順番調理法などで工夫するといいですよね~
 
 

顔をたるませない糖化対策③ 調理法を工夫する

 
老化を進ませる原因は、糖化によって発生する、最終糖化生成物、AGEs(エイジズ)です。
 
AGEsは、調理方法によっても含有量の値が変わってくるようで、ポイントは、食品を加熱する温度です。
 
過熱しないで食べる食品(生食品)が一番低く、温度が高くなればなるほどAGEsの含有量が多くなります。

AGEsを増やす調理法の順番
 
 蒸す茹でる・煮る炒める焼く揚げる 

 
例えば、、、
 
鶏肉蒸し焼きにするとAGEs含有量は769KUですが、高温の油で揚げた、鶏のから揚げになると9732KUと約13倍‼もAGEs含有量はアップします∑( ̄ロ ̄|||)
 
も、スクランブルエッグ(1分)だと173KUですが、目玉焼きにすると2749KUと約16倍‼にもAGEs含有量は跳ね上がります(」゚ロ゚)」‼
 
も例外ではありません…のお刺身なら528KUですが、焼き鮭になると3084KUと、約6倍‼にAGEs含有量はアップしちゃいます/( ̄ロ ̄;)\
※100g中のAGEs含有量です
 
食材が同じでも、調理方法でかなりAGEsを増やしてしまうんですよね・・・(゚ー゚;A
 
でも、逆に考えれば、AGEsを増やさないようにもできるということなので、調理法を工夫したいですね。
 
あと、油を使わずヘルシー時短料理の必需品!電子レンジですが、、、10分以上の加熱はAGEsを増やしてしまうそうです!
 
一度調理されたものを電子レンジで温めなおすことも、AGEsはさらに増加してしまいますので、要注意!です。
 
そして、調理には欠かせない調味料ですが、甘味が欲しい時、何を入れますか?砂糖…なんて恐ろしいことを言わないでくださいΣ(゚口゚;ここまで、糖化対策をしてきて調味料に砂糖というオチはいらないです!(笑)
 
ここは砂糖ではなく、本みりん(みりんではなく)がおすすめです。本みりんは他の甘味料と比較してもGI値がダントツに低くいんです!
白糖        110
はちみつ      88
メイプルシロップ  73
アガベシロップ   30
本みりん      15
本みりんを半量になるまで煮詰めて、アルコールを飛ばすとみりんシロップになります。
 
私自身は、砂糖断ちをしてから料理に甘味は必用なくなりまして、、、野菜の自然な甘味で十分満足できるようになりました。徐々に甘味を必要としない脳・体に近づけていくことも糖化対策には必要ですよね。
 
また、お酢にも血糖値の急上昇を抑える働きがあるので、酢の物やピクルスなどから先に食べたり、パンにオリーブオイルをつけて食べるのもいいですね。
 
私は酸味が大好きなので、お酢を何にでもかけてます。サラダにはお酢が多めの手作りドレッシング、鍋や納豆、豆腐にはお酢が多めの手作りポン酢をかけます。毎日お酢をとっているので、お酢の消費量が半端ないです(笑)
 
 

顔をたるませない糖化対策④ ゆっくりよく噛んで食べる

 
早食いだと、糖質が一気に消化吸収され血糖値(血液中のブドウ糖濃度)が跳ね上がりますが、逆にゆっくり食べると血糖値は緩やかになります。
 
さらによく噛むと脳の満腹中枢が刺激され約20分後には満腹感を感じることになります。つまり、20分以内の早食いは脳が満腹と感じる前にドカ食いをしてしまう可能性があり、そうなると糖質量も増え、糖化につながります。
 
また、早食いによって急激に上がった血糖値はその反動で一気に血糖値が下がりまた空腹感を感じて、早食い大食い繰り返すと…糖化だけでなく体にも大きな負担になりますので、食事はゆっくりよく噛んで食べること!これが糖化させにくい食べ方です。
 
でも、ゆっくり食べるのはOKですが、ダラダラ食べるのはいけません。バイキングなどで長時間ダラダラと…女子会のスイーツバイキングでおしゃべりしながらダラダラと食べ続ける…こういうダラダラ食いはとっても楽しいですが、糖化を起こしやすいです。
 
食事時間が長ければ長いほど総量が増えますし、しかも糖質と脂質の割合が高いスイーツを多くとると、血糖値が上がりっぱなしの状態になるので、糖化の可能性が高まりますので、ダラダラ食いは注意しましょう。
 
 

顔をたるませない糖化対策⑤ 食後の軽い運動

 
食後1時間以内は血糖値が最も上がるゴールデンタイムです!この血糖値が高い状態が続くと糖化が起こりやすくなります<(T◇T)>
 
なので、食後1時間以内にどんなことをするかが糖化させないポイントになるんです!その方法が、運動です。
 
有酸素運動&筋トレ(15分ウォーキング&スクワット20回程度)ができればいいのですが、なかなか時間がとれなかったり、そもそも運動が苦手だったりという人もいると思います。そんな時は、無理なくできることをしましょう。
 
歩く階段上り家事(お風呂そうじ、雑巾がけ、窓ふき、庭そうじ)など、食後1時間以内に何らかの形で筋肉を使エバOK!抗糖化をしながら、家事もはかどるので、時間が有効に使えて一石二鳥ですね~♪
 
食後に食休み…といいながらゴロ~ンと横になるのは言語道断ですよ~
 
 
いかがでしたか?
 
顔をたるませない5つの糖化対策は、ちょっとの意識と工夫で、肌年齢、見た目年齢を若返らせます!
 
一生懸命肌ケアをしているのに、たるみが改善しないな~と感じている方は、食事の内容やとり方を見直してみてくださいね。
 
糖化対策だけで顔たるみを改善するのは難しいですが、、、糖化が進むことで確実に肌たるみは加速しますので肌ケアと一緒に実践していくことが大切です。
 
糖化対策をしながら、小顔たるみ矯正で顔のゆがみやたるみを改善しませんか?
 

当サロンの小顔たるみ矯正とセルフ矯正でほうれい線が目立たなくなりました。肌全体にハリツヤがでました~♪
 
ご自身の肌の現状やどういうケアが必要なのか?知りたい方はいつでもお気軽にご相談くださいね。
 
 
✤☏で相談: 03-5285-8819
 
✤✉で相談: こちらをclick!
 
 
最後までお読みいただきありがとうございました。感謝。
小顔矯正サロン プレジャーズ 松浦
 
 

ご予約・ご質問を電話でされたい方は03-5285-8819

 
ご質問をメールでされたい方はコチラ!

 
お得なキャンペーンはコチラ!

 
小顔矯正Before&Afterコチラ!

 
お客様の声コチラ!

 
料金案内はコチラ!

 
プレジャーズHPはコチラ!

この記事を書いている人 - WRITER -
松浦秀美
初めまして(*´∀`*)ノ 小顔矯正師の松浦秀美です。 某大手エステティックサロン在籍中に、小顔矯正と出会い、エステとの圧倒的な効果の違いに感動し、17年間勤務した会社を退社後、現在の小顔たるみ矯正専門サロン プレジャーズを新宿に開業。 現在は、小顔矯正を提供する傍ら、❝自力でたるみを改善するセルフ矯正術❞のご指導もさせて頂いております(*˘︶˘*).。.:*♡
 

Copyright© 小顔たるみ矯正 プレジャーズ , 2017 All Rights Reserved.