小顔たるみ矯正 新宿 東京|睡眠中にできる眉間のしわの改善方法

 

この記事を書いている人 - WRITER -
松浦秀美
初めまして(*´∀`*)ノ 小顔矯正師の松浦秀美です。 某大手エステティックサロン在籍中に、小顔矯正と出会い、エステとの圧倒的な効果の違いに感動し、17年間勤務した会社を退社後、現在の小顔たるみ矯正専門サロン プレジャーズを新宿に開業。 現在は、小顔矯正を提供する傍ら、❝自力でたるみを改善するセルフ矯正術❞のご指導もさせて頂いております(*˘︶˘*).。.:*♡

ご訪問ありがとうございます。
 
新宿の小顔たるみ矯正専門サロンプレジャーズの松浦です。
 
小顔たるみ矯正プログラムの生徒さんからこんな質問が届きました。
 

 
毎週、お写真を添えて、効果をご報告して下さる、とっても律儀な生徒さん♡
 
目元や顎、フェイスラインの効果の実感♪はあるようですが…眉間のしわがどうやら気になるようですね。
 
しかも、寝ている間の無意識の状態でつくられている表情のクセなので、自分ではどう改善していいかわからない…といったところでしょうかね(; ̄ー ̄)…ン?
 
眉間の縦じわは、まぎれもなく表情じわです。
 
表情じわは、笑った時に目尻に入るシワや、ビックリして眉を上げたときに入る額のしわや、そうそう、視力の悪い人が目を凝らして見る時、眉間にしわが入りますよね?これもそうですね~表情ごとに作られるしわが表情じわです!
そのまんまですね(笑)
 
若い時は、どんな表情をしてもその表情を戻せば、肌も元に戻り、シワの癖はまだつきません。
 
なぜなら、肌の真皮層にあるコラーゲンやエラスチンがしっかり水分を溜め込み、肌の弾力を維持しているからです。
 
でも、このコラーゲンとエラスチンの量は20代がピークで、それ以降は年齢とともに減って行きます( ̄_ ̄|||)
 
昨日もお話しさせて頂きましたが、『肌の糖化』や『酸化』によって、年齢と共にコラーゲン変性が起こります。。。
 
その結果、真皮層の水分保持能力・肌の形状記憶力が弱まり、表情を戻しても、表情じわは戻らずくっきり入ったままになっちゃうんです!
 
表情じわをくっきり肌に刻み込ませないためにも、肌糖化&酸化は予防しなくてはいけないですし、同時に表情のクセを意識的に直していかなければいけません。
 
ここまでは、表情じわ全体についてお話をさせて頂きましたが、ここからは、睡眠中にできる眉間縦じわ改善する方法に特化してお話して行こうと思います。
 
睡眠中にできる眉間のしわでお困りの方の中には、寝ている間のことだからどうにもならない…と思っている方もいるのではないですか?
 
まずは、何事もできないと思えば、できないし、できると思えばできます!
 
なのでまずは、『る!』と信じてください。私の事じゃないですよ(笑)、自分を信じるんです!
 
では、自分にはできる!と信じれた方のみこの先を読み進めてください・・・
 
睡眠中の表情のクセを改善する方法ですが、①精神的な方法と、②物理的な方法の2つがあります。相反する方法なんですが…どちらも効果的ですし、必要なことなので、両方行うことをおすすめします。
 
まずは、①精神的な方法です。一言で言うと、自己暗示自己催眠、をかけるということです。
 
分かりやすく言うと…イメージトレーニングをして眠りに入るということです!
 
よく、イメージトレーニングは、スポーツ選手がされてますよね~♪
 
今年プロに転向された、体操内村航平選手が小さい頃、やりたい技と同じように人形を動かして、イメージトレーニングをしていたおかげで、今は、演技中にどこにいて・どの状態かわかるようになった。というのは有名な話ですよね~
 
他にもサッカー中村俊輔選手もサッカーノートをつけるのはイメージするためと、おっしゃってます。
 
超一流のアスリートはほぼ、イメージトレーニングをしています。それくらいイメージトレーニングは目標達成するためには強力ツールになるんですね。
 
だったら、美しくなるためにも、大いに利用しようじゃありませんか~
 
ではでは、方法です!
 
今回の目標は…『睡眠中の表情のクセを直して眉間のしわをなくす!』ということでしたよね~
 

① ベッドに入り横になリ、体の余計な力を抜きリラックスします
 
② その状態で、軽く目を閉じ口角上げ眉間開くような表情をつくります
(目は閉じてますが、ニコッと微笑んでいるような表情です)
 
③ 自分が楽しいことや幸せに感じることをイメージ30秒~1分
(例えば、南国ビーチでヤシの木につりさげられたハンモックに横たわりながら波の音を聞いているなどなど…)
 
④ ポジティブイメージの状態で、最後『ツルツルの眉間になりました~』や『ハリツヤのある眉間で嬉しい!』とか『ピカピカの眉間になって可愛い!』と10回ほど唱えて、眠りに入る。

 
たったこれだけです!
 
ポイントは…
ポジティブで自分は幸せでーす♪というイメージの中で、眉間伸ばした状態で行うということ。
 
そして、唱える言葉は、否定的な言葉やネガティブな言葉を入れないこと。
例えば、『しわないキレイな眉間になる』は、しわ・ないはネガティブな言葉ですよね?
 
たとえ、内容的にはキレイになるということであっても、しわ引き寄せてしまうので、入れないほうがいいですね。要するに、引き寄せの法則ってやつですね(*^-^)
 
私もこの方法で、毎晩イメージトレーニングをして歯ぎしりを改善しました。
 
私は、自分なりに調べて、独自に行いましたが、歯医者さんでも歯ぎしりの患者さんに、マウスピースを処方しながら、イメトレ推奨しているドクターもいらっしゃるので、有効な方法だと言えます。
 
まずは、3週間続けてみてください。
 
 
次は、②物理的な方法です。物理的な方法は2つありまして、寝ながら行うことと、起きているときに行うことです。
 
まずは、寝ながら行うこと…それは、眉間にしわができないようにテープを貼りしわにならないよう固定するという方法。
 
眉間のしわ専用のテープも市販されているくらいなので、しわをつくらせないようにするという意味では有効です。
 
ただ私は、専用のテープでなくとも、医療用のサージカルテープでも十分だと思いました。100均でも買えます。
 
サージカルテープとはこういうものです…

 
茶色のテープは、レーザーでほくろを取った時に、クリニックで購入したもので、白いテープ(12mm)はダイソーで購入したので、100円です。
 
テープを貼る前に、しっかり保湿をしてから、貼りましょう。 
 
いつものケア(化粧水・美容液・クリームなど)をつけ、整肌後に貼ります。直後だとはがれやすくなるので、浸透してからでもいいです。
 
ではテープの貼り方です。
 

 

① しわの長さよりも長めにテープをカットします
(幅12mm程の細目のテープならシワ1本に対しテープ1枚)
 
② しわを伸ばしながら下から上に向かって貼ります
(この時点で、シワになってないか確認し、なってなければOK)
 
③ もう片方も同様に貼る あとは寝るだけ・・・
 
④ 朝起きたら、優しく下から上に向かって剥がす

 
※注意点です⚠サージカルテープは肌に優しいとは言っても、アレルギーや体調が悪いとかぶれたりすることもあるので、肌に少しでも異常を感じたら、すぐやめましょう。
 
私は、眉間にはしわががないので、額にできかけの、うっすら入ったシワで試しましたが、3日程でなくなりました。マッサージや表情筋トレーニングと同時進行で行うとより効果的ですよ~
 
 
では、続いて物理的な方法の起きているときに行う方法ですが、これは表情筋トレーニングです。
 
眉間のしわは表情のクセでできてしまったシワです。同じ筋肉を同じ一定の方向に動かしすぎた状態なので、筋肉のバランスを整えなければいけません。
 
それを改善すするのが表情筋トレーニングです。
 
では、具体的な方法はこちらご覧ください↓↓↓

 
いかがでしたか?
 
寝ている間にできてしまう『眉間の縦じわ』ですが、自分で意識しながら、小まめにコツコツお手入れをすることで目立たなくすることは可能です。
 
また、自分はどうして、こんな表情をしてしまうのか?考えることも大切です。自分と向き合うことで、見えてくるもがあるかもしれません・・・
 
・なかなか自分一人ではコツコツお手入れができない…
・自分に合ったケア方法が分からい
・プロにアドバイスをしてもらいたい
・自分の肌状態を知りたい
・自力でキレイになる方法を教えてほしい
 
とお悩みの方は、いつでもご相談くださいね~♪
 
 
最後までお読みいただきありがとうございました。感謝。
小顔矯正サロン プレジャーズ 松浦
 
 

ご予約・ご質問を電話でされたい方は03-5285-8819

 
ご質問をメールでされたい方はコチラ!

 
お得なキャンペーンはコチラ!

 
小顔矯正Before&Afterコチラ!

 
お客様の声コチラ!

 
料金案内はコチラ!

 
プレジャーズHPはコチラ!
この記事を書いている人 - WRITER -
松浦秀美
初めまして(*´∀`*)ノ 小顔矯正師の松浦秀美です。 某大手エステティックサロン在籍中に、小顔矯正と出会い、エステとの圧倒的な効果の違いに感動し、17年間勤務した会社を退社後、現在の小顔たるみ矯正専門サロン プレジャーズを新宿に開業。 現在は、小顔矯正を提供する傍ら、❝自力でたるみを改善するセルフ矯正術❞のご指導もさせて頂いております(*˘︶˘*).。.:*♡
 

Copyright© 小顔たるみ矯正 プレジャーズ , 2017 All Rights Reserved.