12.フェイスラインを引き締める!翼突筋トレーニング|新宿 小顔矯正

 

この記事を書いている人 - WRITER -
松浦秀美
初めまして(*´∀`*)ノ 小顔矯正師の松浦秀美です。 某大手エステティックサロン在籍中に、小顔矯正と出会い、エステとの圧倒的な効果の違いに感動し、17年間勤務した会社を退社後、現在の小顔たるみ矯正専門サロン プレジャーズを新宿に開業。 現在は、小顔矯正を提供する傍ら、❝自力でたるみを改善するセルフ矯正術❞のご指導もさせて頂いております(*˘︶˘*).。.:*♡

こちらのページでは、翼突筋(よくとつきん)を鍛えて、たるんだフェイスラインを引き締める方法をお教えします!
 
翼突筋は、咀嚼筋(そしゃくきん)の一つで、ものを咬む時に使う筋肉で、内側翼突筋(ないそくよくとつきん)と外側翼突筋(がいそくよくとつきん)の2種類があります。
 
内側翼突筋は、収縮することで下顎が上に上がり、咬むことができます。
 
外側翼突筋は、下顎を前方あるいは側方に動かす働きをします。
 
翼突筋が衰えると、口横が下がりたるみます。この2つの翼突筋を鍛えるとフェイスラインのたるみや二重あごの予防になりますので、しっかり鍛えておきましょう!
 
では、翼突筋の位置を確認しましょう。
 
翼突筋
 
では、翼突筋を意識して、トレーニングスタートです。
 

【翼突筋を鍛える】
 
 口をあけて下唇下の歯に巻きつけます。上唇は、巻きつけずに歯にしっかり押し付けます。
 
 下あごやや前に出し、人差し指を顎の先において軽く下へ押します
 
 そのままゆっくり口角ですくいあげるように、口を開けたり締めたりします
 
 1回ごとに、少しずつ上を向いていき、真上(天井を見上げる)まで繰り返します(7回前後)
 
 真上(天井)まで向いたところで、15秒ほどキープ
 
※これを2~3回行います

 

【point】
 
②番の人差し指は、負荷をかけるためなので、慣れるまでは軽くでOK!です。
 
③番の口の開け閉めの時は、翼突筋を意識して行いましょう。口角で奥歯の方向へ引き付けるようにすくいあげるイメージで行いましょう。
 
下あごのラインがだるくなってくればOKです!

 
 
最後までお読みいただきありがとうございました。感謝。
小顔矯正サロン プレジャーズ 松浦
 
 

ご予約・ご質問を電話でされたい方は03-5285-8819

 
ご質問をメールでされたい方はコチラ!

 
お得なキャンペーンはコチラ!

 
小顔矯正Before&Afterコチラ!

 
お客様の声コチラ!

 
料金案内はコチラ!

 
プレジャーズHPはコチラ!
この記事を書いている人 - WRITER -
松浦秀美
初めまして(*´∀`*)ノ 小顔矯正師の松浦秀美です。 某大手エステティックサロン在籍中に、小顔矯正と出会い、エステとの圧倒的な効果の違いに感動し、17年間勤務した会社を退社後、現在の小顔たるみ矯正専門サロン プレジャーズを新宿に開業。 現在は、小顔矯正を提供する傍ら、❝自力でたるみを改善するセルフ矯正術❞のご指導もさせて頂いております(*˘︶˘*).。.:*♡
 

Copyright© 小顔たるみ矯正 プレジャーズ , 2016 All Rights Reserved.